ラヴェル 同性愛者

ラヴェル 同性愛者

ラヴェル 同性愛者



ラヴェル自身は同性愛者なので性的な関係は持たず、気の置けない友人とし て夜な夜な語り合ったのだろう。 クロスリズムを用いたひらひら、ふわふわと舞うパッセージがまさに蝶のようであり、女性の衣服のベールのようであ る。

ただし、ラヴェルが同性愛者だったという説には異論も多く、チャイコフスキーほど確かな証拠はないようである。 余談だが、チャイコフスキーがゲイであることは昔から有名で、映画化もされたE.M.フォースターの小説「モーリス」(1913年執筆)にも、その ...

この曲に関してはこれ以上の解説は必要ないと思う。ラヴェル先生の乙女成分全開っぷりを見れただけで自分としては大満足。しかしこういうエピソードを知ると、やっぱり同性愛者だなあと思わざるをえ …

作曲家=偉人であるのならば、ラヴェルが同性愛者という想像は御法度なのかもしれないね。でも当時は、フランスでも同性愛者などとんでもない時代であったし、二人とも有名人であったから、自分の死後は私的な手紙やら日記などは調べられてしまうの ...

『ボレロ』『左手のためのピアノ協奏曲』『子供と魔法』などの作曲家、モーリス・ラヴェル。二〇世紀前半のフランス文化界において、最も有名でありながら、その生涯が最も謎めいていた人物。その最大の謎は、彼は同性愛者だったのか否か。本書において、著者イヴリーは、多くの議論が ...

ラヴェルは、同性愛者ですし、ある意味、ちょっと偏執狂的な部分があったな・・と思います。ノリのきいたワイシャツを何10枚も持って歩いていたとか・・。しかし、また自己矛盾の抱えた人でもあった …

19世紀のフランスでは同性愛はタブーでしたが、天才・ランボー君のぶっちゃけな(露悪的な?)性格とヴェルレーヌの見事なハマリっぷりが目立ちまくったため、二人の関係は誰もが知っていていたとの …

ちなみにラヴェルの父親は機械関係の技術者で、石油によるエンジンの発明、つまりは自動車の前身を考え出した人でした。 父親が発明した機械がさらに進歩し、そして結果的に息子の命を奪ってしまった …

「僕の頭の中でこのオペラはもうできている、だけどもう書くことができない。僕は僕の音楽を書くことができないんだ!」MauriceRavel1875〜1937『ラヴェルー生涯と作品ー』ロジャー・ニコルス著『脳と音楽』岩田誠著『ラヴェルピアノ作品全集』三善晃監修・解説1.脳の病に蝕まれて19世紀末から ...

時代は、同性愛者にやさしくなったり過酷になったりを繰り返します。 僕たちの立場は(命さえも)、いつだってマジョリティの人々の意識に委ねられてしまっているのだということを常に忘れてはならないんだなぁと、このエピソードを調べていて思った ...

ラヴェル 同性愛者 ⭐ LINK ✅ ラヴェル 同性愛者

Read more about ラヴェル 同性愛者.

8
9
10

Comments:
Guest
An obstacle may be either a stepping stone or a stumbling block.
Guest

The best attitude to have it gratitude.

Guest
Time is not an enemy unless you try to kill it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu